解説の落合博満氏が審判に苦言|逆球&ハーフスイングに対する判定(西武vs中日)

2018/06/17(日) 西武3-11中日(メットライフ)

1回表ビシエドの打席、炭谷がインコースに構えるが、榎田が投じた4球目は逆球となりボールの判定

スポンサーリンク

落合氏
これからの日本の野球に期待しなきゃいけないことは、審判も含めてなんですけど、今みたいな逆球をきちんとストライクボールのコールができるかできないかです。真ん中ですよ今の。すみませんけど(笑)


(6回表、高橋のハーフスイングに対して空振りの判定)
落合氏
あれを(バットが)回ったって言ったら、他にも回っているバッターいっぱいいるんですけどね。だから下手なんですよ。

CBCラジオ『ドラゴンズサンデー』6月17日放送より

1回表の逆球は、真ん中ではなかったと思うがストライクっぽかった。
おととしのクライマックスシリーズの広島対DeNA戦で、逆球がボール判定されたのを思い出した。ストライク判定なら三振だった。DeNAが日本シリーズに進出していたかもしれない。

(記事内の画像はフジテレビTWO『LIONS BASEBALL L!VE 2018』よりキャプチャさせていただきました)