【中日】気がつけば平田が打率リーグ4位|1ヶ月前と現在の打率トップ10を比較してみた

2018/06/02(土) 日本ハム9-3中日(札幌ドーム)

平田が今季13度目のマルチ安打。打率が.329となり、打率ランキングで昨日から1つ順位を上げて4位となった。

8回表1死一塁、右中間を破る2ベースヒットを放つ平田(投手は石川)

スポンサーリンク

開幕からちょうど1ヶ月後の4月30日の打率トップ10と現在のトップ10を比較してみた。

4/30 6/2
1 坂本 .369 1 アルモンテ .355
2 アルモンテ .359 2 坂本 .345
3 小林 .357 3 坂口 .337
4 坂口 .333 4 平田 .329
5 岡本 .330 5 岡本 .327
6 福留 .325 6 ロペス .322
7 ゲレーロ .323 7 宮崎 .321
8 宮崎 .319 8 筒香 .303
9 糸原 .299 8 ビシエド .303
10 ロペス .295 10 松山 .302

約1ヶ月が経過して、小林、福留、ゲレーロ、糸原の名前が消えて、新たに平田、筒香、ビシエド、松山がトップ10入りした。

坂本は打率がだいぶ下がってきている。
1位のアルモンテは北海道に来て8打数1安打と少しお疲れ気味。

4月30日の平田の打率は.250。何位だったかは不明だが、下から数えた方が早かったことは間違いないだろう。

トップ10に3人もいるのに5位か。明日負けたら最下位の可能性もある (-_-;)

(記事内の画像はGAORAスポーツのプロ野球中継よりキャプチャさせていただきました)