【中日】鈴木博志 2死から4失点した8回表がプロ野球ニュースで取り上げられる

2018/05/30(水) 中日1-5オリックス(ナゴヤドーム)

8回表2死から吉田をフォアボールで歩かせる鈴木博

苫篠賢治氏
攻めている感じがまったくない。もう完全にびびっちゃってます。
このフォアボールは仕方ないとしても、ここでルーキー鈴木君の気持ちを奮い立たせてやらないといけません。
ですがマウンドに集まらなかった。

その後、2死満塁からT-岡田に逆転タイムリーを浴びる

苫篠賢治氏
そしてベンチに戻ってから、こんなシーンがありました。

苫篠賢治氏
朝倉コーチからかなり厳しく言われています。もちろんこういう結果ですから言われるのは仕方ないですが、だったらフォアボールを出したところでキャッチャーやコーチがマウンドに行ってほしかったですね。特にルーキーなんですから。

野村弘樹氏
この回の先頭の小田を空振り三振に取りました。この時キャッチャーはインコースに構えていたのですが、投げ切れずにアウトローにいって空振りしました。

インコースに投げ切れないのならキャッチャーが引っ張ってあげないといけませんね。

苫篠賢治氏
インサイドに『いいから来い!』って要求するだけで(鈴木の)スイッチが入ったと思うのですが、そういうのもなかったですね。

フジテレビONE『プロ野球ニュース2018』5月30日放送

2死後、5人の選手に対して計16球を投げたが、インコースは1球もなかった。

吉田フォアボール

ロメロライト前ヒット

小谷野フォアボール

T-岡田センター前タイムリー

安達ライトオーバータイムリー

(スポナビの1球速報よりキャプチャさせていただきました)

スポンサーリンク

もしかして、インコース要求でアウトコースにいってしまったボールがあるかも?
ということで、映像で全球確認したが松井雅はすべてアウトコースに構えていた。

インコースを要求しても、そこに投げ切れない鈴木博にも問題があるが、雅人のリードにも問題がありそうだ。
1点を守りにいって4点取られてしまった。

これまで大事な場面でバレンティンや鈴木誠也に一発を浴びたことによる恐怖。
そして松坂の勝利がかかっているという重圧。

これらのことを考えると、やっぱりT-岡田のところでは岩瀬だったな~。

それと、中日はマウンドに集まる回数が少ない気がする。