【中日】小笠原・大野奨バッテリーのスローカーブ多投に立浪和義氏が苦言

2018/05/18(金) 中日1-2阪神(ナゴヤドーム)

(6回表、同点に追いつかれたあと、糸原への初球は100kmのカーブ)


(続く2球目の106kmのカーブをライト前へ弾き返され逆転。これが決勝点となる)

立浪氏
初球カーブでしたが、2球続けるとバッターは手を出してきます。
この勝負どころでカウントを取りにくるようなカーブの投げ方では打たれる確率は高いですね。

キャッチャーの大野が違うボールを要求しなければいけなかったと思います。

(続く大山への3球目はカーブ)

(続けて4球目もカーブ)

立浪氏
なぜこのカーブを多投するのか理解に苦しみます。
これだけ続けたら甘いところにくればバッターは打ちます。さっき打たれたばかりですから。

こういう勝負どころでは、速い真っすぐでインサイドを突きたいんですけど。
こういうところで球威のあるボールを投げれるか投げれないかは、これから勝てる勝てないにつながってくると思います。

スポンサーリンク

(6球目、インコースの真っすぐで見逃し三振を奪う)

CBC『ドラゴンズナイター』5月18日放送

最後の真っすぐはボール臭かった(^_^;)

(記事内の画像はJ SPORTS2のプロ野球中継よりキャプチャさせていただきました)