2018中日ドラゴンズ セカンド争いは高橋が一歩リードか

打撃練習の準備をする高橋周平
熾烈なセカンド争い。現状ではやはり高橋が優勢だがセカンドを守れる選手ってこんなにいるんだな。
全部で9人。ルーキーの高松を入れたら10人だ。

ファーストはビシエド、サードは福田、ショートは京田、この3人は決まりだとすると、石岡以外の他の内野手はみんなセカンドに追いやられて大渋滞。

まあ、実際は終盤の守備固めで福田がファーストにまわってサード堂上とか、高橋の調子が落ちたら左投手のときに荒木か阿部で、右のときは亀沢とか、いろんなバージョンがありそう。

谷にも頑張ってほしいけど、個人的に去年から期待しているのは溝脇。
おととしのウインターリーグでブレイクして、去年はカープ野村から粘った末のホームラン。
これからというときに2軍での不運なケガで長期離脱。
足も速いし守備もうまい溝脇をもっと1軍で見たい。

あ、野本って去年は外野手登録だったのに今年は内野手登録になってるな。
いずれにせよ今年は崖っぷち。頑張って。

スポンサーリンク

あ、前侍ジャパン監督の小久保さんだ(右は奈良原コーチ)

(記事内の画像はJ SPORTSの中継よりキャプチャさせていただいております)