【中日】昨日の阪神戦7回ウラ|なぜベンチは間を空けなかった?

7回ウラ、どうしてピッチングコーチは一度も出てこなかったのだろうか?
中継を見ている限りではマウンドに内野手が集まるシーンすら見れなかった。


西岡に打たれて2点差になったが朝倉ピッチングコーチは動かず

糸井を敬遠気味のフォアボールで歩かせる又吉

何か叫んでる

ロサリオに同点タイムリーを浴びる

それでもベンチは動かない。

続く福留をフォアボールで歩かせて再び満塁

何か書いてる

大山に押し出しのフォアボール

伊藤隼を三振に打ち取って3アウト、ベンチへ戻る又吉

CM明け

スポンサーリンク

9回ウラの田島の時は、糸井に死球を与えて無死一二塁になった場面で内野手がマウンドに集まった。
その後、福留四球で1死満塁になった場面で、朝倉コーチがマウンドへ向かった。

それなのに7回ウラはどうして?

又吉に声をかける内野手はいたかもしれないが、朝倉コーチはおろか松井雅もマウンドへ行かなかった。

又吉に対して敢えて厳しくしているのだろうか?
でも、勝利を捨ててまでそんなことする?
笠原の勝利もかかっているし、ファンもみんな勝利を信じて応援している。

全体的に見て中日はピッチングコーチが出てきたり、内野手がマウンドに集まる回数が少ないと思う。

今年の開幕戦で小笠原がエルドレッドに同点弾を浴びたときも、一部の内野手がマウンドに行っただけで、雅人も朝倉コーチもマウンドに行かなかった。

続く安部のヒットから送りバント、ヒット、ヒットで勝ち越された。

 試合後、松井雅の口から出たのはリードのことばかり。中でも悔やんだのが、6回だった。チームが逆転した直後にエルドレッドに同点被弾。ここから切り替えができなかった。「安部に打たれたのが…。勢いがついちゃうのに。考えなければいけなかった」。同点で食い止められなかったことを反省した。

CHUNICHI WEB ドラニュース3月31日 配信より

じゃあ、切り替えるために間を空ければよかったのでは?

天敵のエルドレッドにまたしても被弾。しかも同点。
プロにはプロの考えがあるのかもしれないが、小笠原の心中を考えたら間を空けてほしかった。

広島なんか頻繁にマウンドに集まってるし、畝コーチの姿もよく見る。

中日は知らないうちに負け癖がついてしまっているのかもしれない。

(記事内の画像はGAORAスポーツの中継よりキャプチャさせていただきました)