【中日】復調気配の福田が今日はブレーキ|3度の得点圏で走者を返せず

2018/04/07(土) 阪神3-1中日(京セラドーム大阪)

福田・・・4打数0安打(ライトフライ、サードゴロ、空振り三振、サードゴロ併殺打)

昨日、『福田の調子が上がる』という金村さんの予想(予言)が当たった、という記事を書いたばかりなのにな。お恥ずかしい(^_^;)

今年の福田は好不調の波が激しいうえに、好不調のサイクルが短い。

開幕カードの広島3連戦ではヒット2本(本塁打1本)だったが、立浪氏や苫篠氏は『状態が良い』と言っていた。
巨人戦ではチャンスで引っ張って併殺やファールフライと不調に陥ったが、先日のイレギュラーヒットから復調の兆しを見せて昨日2安打。
ところが今日は一転してノーヒット。

スポンサーリンク

2回表2死二塁の場面でライトフライに倒れる福田(投手は秋山)

6回表は2死満塁で空振り三振(投手は秋山)

8回表は1死満塁でサードゴロ併殺(投手はマテオ)コースは甘かったが・・・

8回はマテオの150kmの直球とはいえ、コースはど真ん中。なんとかしてほしかった。

昨日は決勝打で小笠原に今季初勝利を届けることができたが、今日は好投のジーを援護できなかった。

これで福田の得点圏打率は.182(11-2)
まあ、福田本人が一番悩んでいるとは思う。

ちなみにビシエドは2試合ノーヒットで、得点圏打率は.100(10-1)
こちらもかなり深刻 ( ̄▽ ̄;)

2人ともがんばれ~、京田もがんばれ~(●´ω`)ノ

(記事内の画像はスカイAの中継よりキャプチャさせていただきました)