中日・小笠原ブルペンで317球!マウンドの穴が深くなり隣へ移動

キャンプ第3クール初日、3年目の小笠原慎之介投手がブルペンで317球の熱投

2018年2月14日(水)北谷キャンプ第3クール1日目

317球?
素人の私は、そんなに投げて肩や肘は大丈夫?って心配してしまう。
高校時代も含めて最も多い投げ込みだそうです。

右足を踏み出した場所に大きな穴が空いてしまったため、途中から隣のプレートへ移動しました。
途中はこれくらいの穴でした

こんなに深くなっちゃったので隣へ移動。あらかじめ自分で穴を少し掘ってたのかもしれませんが、ここまで深くなるなんて驚きです
 
穴の深さを確かめる近藤投手コーチ

左打席に立つ通訳兼ブルペン捕手のルイスさん

ブルペンの外でインタビューを受ける小笠原投手

スポンサーリンク

●今日317球も投げたのはなぜ?
小笠原『前から今日の天気が暖かいと聞いていたのでチャンスだなと思っていましたので』

●出来栄えは?
小笠原『悪い部分もありましたが200球超えてから良い球もありました。だんだん身には付いているのかなと思います』

●良かった点は?
小笠原『横振りになった後でもしっかり調整できたのは良かったと思います』

●課題は?
小笠原『コースに決まった後の球が甘くなったり引っ掛けたりとかが多かったので次回しっかり修正していきたいです』

●第3クール初日にこれだけの球数を投げ込んだのは自信になりましたか?
小笠原『はい。前日オフでしっかり身体を休めてあげられたので、やるんだったら今日しかないなと思ってしっかり投げました』

投げ込む姿やインタビュー時の表情から、今年にかける意気込みが感じられます。

二桁勝利を目指して頑張れ!

(記事内の画像はJ SPORTSの中継よりキャプチャさせていただいております)