松坂大輔のバッティング|金村義明氏『松坂が僕を引退に追い込んだ』

2018/04/05(木) 中日2-3巨人(ナゴヤドーム)

昨日の試合、解説の金村義明氏が松坂大輔のバッティングについて話していた。

スポンサーリンク

金村氏
バッティングも楽しみです。
松坂は1年目から毎日早出してバッティング練習をしていました。僕が練習している横で。
僕より飛ばしていました。スイングがとてつもなく速かったです。

その当時のバッティングコーチの土井正博さんが『大輔は(投手をやめても)すぐに野手でレギュラーになれる』と言っていました。
僕の横でピンポン玉のようにスコンスコン打つんですよ。

パリーグですからバッターボックスには立たないんですけど、毎日バッティング練習していました。その打球が凄まじいのなんのって。
(松坂が)僕を引退に追い込みました。元祖二刀流と言ってもいいような選手です。

このまえ対談した時に、『右の切り札としてピンチヒッターでも戦力になれるぞ』という話をしました。

金村氏
さっきベンチが映りましたが、もう肘当てを着けていましたよ。打つ気満々ですね。
大谷もそうですが、松坂も野球をするために生まれてきた。そんな子だと思います。

鈴木孝政氏
普通、ピッチャーはこの重いのを(バットに)はめませんよね。

金村氏
はめませんね(笑) (素振りの時にバットに装着する重りのこと)

金村氏
すごい素振りして(打席に)入りましたよ。
大竹が嫌でしょうね。シュートも投げづらいですし。

 J SPORTS2 4月5日放送より