中日今季初勝利!ガルシアが投打に活躍!谷繁氏が好評価「冷静に考えて投げている」

2018/04/04(水) 中日4-1巨人(ナゴヤドーム)

来日初登板のガルシアが6回1失点の好投。打っては初安打初打点をマークしチームの今季初勝利に貢献した。

ガルシア・・・6回2安打5四球7奪三振1失点

2回表1死一二塁のピンチ、マウンドへ行きガルシアへ声をかけるビシエド

3回表も1死一二塁のピンチを招くが、吉川を空振り三振

坂本はサードゴロに打ち取る

4回ウラ2死一三塁、ボテボテのサードゴロで全力疾走するガルシア(判定はアウト)

森監督がリクエスト

セーフですな

ビジョンのスロー映像を見てセーフを確信した中日ベンチ

判定がセーフに覆り貴重な追加点が入る(中日2-0巨人)

6回表に1点を失うも後続を打ち取る

ガルシア(降板後の談話)
チームが連敗していたので、『絶対に自分が止めるんだ』と思って投げていました。まだチームが勝ったわけではないけれど何とか勝ちたい。
今日はフォアボールが多かったので、その点に関しては反省しています。

谷繁氏
いいボールを投げていると思ったら急にストライクが入らなくなる。
かと思ったらさっきの坂本みたいにインコースのいい所に決まったりするので絞りづらいです。 掴みどころがないですね。

ただ、打たれないということはボールの質がいいんだと思います。
時折いい所にくるから、バッターは集中して1球1球打ちにいかないと攻略はなかなかできないかもしれないですね。
さっきは『2周り目に攻略できるかもしれない』と言ったんですけど、この状態だとちょっと難しいです。

バッターによって力の入れ具合を少し変えたり、カウントによっても力の入れ具合を変えています。
さっきのようにスコアリングポジションにランナーがいると、坂本へのインサイドの真っすぐが結構速かった。 ゲレーロの空振り三振も146kmくらい出てます。 (球が荒れている中でも)自分で冷静に考えて投げていますね。

ニッポン放送ショウアップナイター 4月4日放送より

スポンサーリンク

4-1で中日が勝利、ハイタッチでナインを迎えるガルシア

大島からウイニングボールを受け取る森監督

(記事内の画像はTBSチャンネル1の中継よりキャプチャさせていただきました)