中日・鈴木博志 最速155kmで鮮烈デビュー!1イニング3人斬り!

2018/04/01(日) 広島8-3中日(マツダスタジアム)

鈴木博志・・・1回 12球2奪三振0失点
1、空振り三振(安部)
2、見逃し三振(石原)
3、セカンドゴロ(西川)

スポンサーリンク

5点ビハインドの8回ウラ、鈴木博志がプロ初登板

初球にいきなり154kmをマーク(外角低めのストライク)

カウント1-2から134kmのカットボールで空振り三振を奪う(打者は安部)

続く石原は155kmの直球で見逃し三振

西川を153kmの直球でセカンドゴロに打ち取り3アウト

練習試合、オープン戦を通じて1イニングを3人で抑えたのはこれが初めて。

球速もさることながら、初登板とは思えないほどの落ち着いた投げっぷりは圧巻だった。

次は勝ちゲームで見たい。

(記事内の画像はJ SPORTS1の中継よりキャプチャさせていただきました)