中日・開幕3試合でタイムリー1本、得点圏打率.150|去年と比較したらほぼ同じだった

2018/04/01(日) 広島8-3中日(マツダスタジアム)

打てない。毎年のことではあるが、あと1本が出ない。

ホームランはリーグトップタイの5本だが、すべてソロ

3試合で奪った得点は8。
その内訳はソロホームラン5、タイムリー1、犠牲フライ1、ショートゴロ併殺1。

開幕3試合で98打数20安打 打率.204はリーグ最下位。

今日の試合、得点圏6打席でヒットは大島の内野安打のみだった。

スポンサーリンク

7回表1死二塁、代打藤井が見逃し三振に倒れる

続く大島はファーストゴロで3アウト(この直後に谷元が4点を失った)

昨日は得点圏8打席でノーヒット。
3試合の得点圏打率.150(20打数3安打)

この得点圏での3安打の内訳は、京田のタイムリー1、アルモンテの内野安打1、大島の内野安打1。
ランナー2塁から内野安打では点は取れない。
結局、得点圏の場面で得点できたのは、京田のタイムリーと松井雅の犠牲フライ、ビシエドの併殺打の3点のみ。

対戦相手の広島はというと、93打数31安打 打率.333で12球団トップ。得点圏打率.423(26打数11安打)

ただ、DeNAも打ててなくて打率.208、得点圏打率はなんと.125

去年の開幕カード(巨人戦)と比較してみた

●2018年 98打数20安打 .204  得点圏 20打数3安打.150
得点8(ホームラン5、タイムリー1、犠牲フライ1、ショートゴロ併殺1)

●2017年 99打数23安打 .232  得点圏 19打数3安打.158
得点7(ホームラン3、タイムリー2、犠牲フライ1、相手エラー1)

去年も開幕3試合は打てなかった。タイムリーは2本だし、ホームラン3本のうち1本は投手のバルデスが打ったもの。

去年は4戦目からヒット7本、13本、15本と増えていったが得点は増えずに2敗1分。
7戦目にやっと初勝利を挙げた。

今年はどうなることやら・・・。
来週の巨人戦ではとにかく勝ち越してもらいたい。

(記事内の画像はJ SPORTS1の中継よりキャプチャさせていただきました)