2018中日OP戦終了 ビシエド45打席で三振0出塁率.533

2018/03/25(日)【オープン戦】中日2-7ロッテ(ナゴヤドーム)

オープン戦最後のゲームは完敗となったが、好調ビシエドは今日もヒットを打ち.429という高打率で締めくくった。
打率もさることながら、三振0ってすごいと思う。
規定打席には足りていないが、45打席で三振なし
ちなみに今年のオープン戦、20打席以上で三振してないのはビシエドひとりだけだ。

スポンサーリンク

別に追い込まれてから当てにいってるわけではない。しっかりボールを見極めることができている。
追い込まれた場面で、ストライクからボールになる変化球にバットが止まるシーンを何度も見た。 四球の数が8まで増えて、出塁率.533

ビシエドのオープン戦成績

●2016年・・・打率.241 29打数 7安打 2本塁打 4打点 0四球 0死球
●2017年・・・打率.178 45打数 8安打 1本塁打 3打点 2四球 1死球
●2018年・・・打率.429 35打数 15安打 2本塁打 11打点 8四球 1死球

3年目にして日本のバッテリーの攻め方に慣れてきたようだ。
今年はキャリアハイの数字を残してくれ。(ケガにはくれぐれも気をつけて)

(記事内の画像はJ SPORTS2の中継よりキャプチャさせていただきました)