中日ドラフト1位の鈴木博志がファンミーティングで決意表明

セ・リーグファンミーティング2018(3月19日 パシフィコ横浜)

スポンサーリンク

『中日ドラゴンズ鈴木博志選手!しなやかな腕の振りから投げ下ろす火の玉ストレートを最大の武器に、高速カットボール、スライダー、チェンジアップと、キレのある変化球を織り交ぜた投球術で新守護神の座を狙う。
投手王国中日復活、リーグ優勝、日本一に向けて活躍を誓います!』

●森監督どんな選手なのか紹介をお願いします

森監督
見立ては悪いんですけどね~(笑)投げるボールは勢いがあります。
みんな先発をやりたがる中で、リリーフをやりたいって言うルーキーはそういないので、その通りリリーフをやらせています。

●鈴木投手、横を向いてください。この(身体の)幅がすごいよね。
がっしりしてるね~。

鈴木
ありがとうございます。

●まずは自己紹介をお願いします

鈴木
はい、中日ドラゴンズドラフト1位の鈴木博志です。
即戦力で入ったと思うので、まず1年目からチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思うのでよろしくお願いします。

●チームの印象は?

鈴木
すごく明るいチームで、すごい投手がいっぱいそろっている、やっぱり投手王国と呼ばれていたチームだなあと思いました。

●今、マイクをあごにつけてしゃべってるけど、相当歌いこんでいるの?

鈴木
歌ってません(笑)

●どんな活躍をしたいと思っていますか?

鈴木
去年の京田さんに続いて新人王を狙っていけるような選手になりたいと思っています。

●森さん、田島や岩瀬もいますが(彼の)起用法は?

森監督
セットアッパー、7回8回。完璧ではないリリーフ陣ですから最後に持っていく場合もあるかもしれません。
1年目ですから2イニングとかは言わないです。その代わり全試合でも投げさせます。

鈴木
毎日いける準備をしていたいと思います。

●プロのバッターの印象は?

鈴木
やっぱり真っ直ぐに強くて、社会人の時とは違って簡単には真っ直ぐで空振りを取れないっていう印象があります。

●その中で手ごたえもあるのでは?

鈴木
今のところ無失点で抑えてれていますが、これからはバッターをいろいろ研究しながら、観察しながら戦っていきたいなあと思います。

●森さん、こういう考え方はプロのピッチャーとしては大事なことですよね?

森監督
そうですね。自分のボールが通用するかしないかっていうのは、その日その日でいろんなことが起きますから、それを次にどう変えてゲームを作ってくれるか、それだけでいいと思います。

●最後にもう一度アピールをお願いします

鈴木
先ほどは新人王と言いましたが、まずは一戦一戦、毎日の試合を集中してその結果新人王を狙えたらいいと思います。応援よろしくお願いします。

J SPORTS1 3月19日放送より