03/14中日オープン戦 ビシエド猛打賞&好走塁、荒木は初安打がタイムリー

オープン戦 中日3-5西武 (2018年3月14日 ナゴヤドーム)

4試合ぶりに出場した4番ビシエドが3打数3安打の猛打賞。休んだことがリフレッシュになったね。
荒木はオープン戦初ヒットがタイムリー。一時勝ち越しとなる貴重な一打だった。

スポンサーリンク

1回ウラ、2死一塁の場面でビシエドが一塁線を破るタイムリーツーベース(投手は菊池)

3回ウラはセンター前ヒット(投手は伊藤)

伊藤のワイルドピッチで2塁へ

浅村がタッチを空振りしてセーフ

5回ウラはレフト前ヒット(投手は小石)

代走に堂上が送られてビシエドはお役御免。

2回ウラ、1死ニ三塁の場面。荒木らしいバッティングでセンター前へタイムリー

この他にも、モヤが2試合連続ヒットとなるタイムリー、平田はヒットと2四球、大島は2塁打に好プレーと明るいニュースも多いのだが、福田、京田、高橋は下降線。

福田はここ3試合で11打数ノーヒット。京田は10打数1安打。高橋は7打数ノーヒット。

あ、負傷退場の松井佑に代わって藤井がオープン戦初出場したが、捕飛・空三振・空三振と3タコだった(-_-;)

(記事内の画像はJ SPORTSの中継よりキャプチャさせていただきました)