【中日】どうした周平!今年もか?|ここまでの打球方向を調べてみた

高橋が3試合連続ノーヒット。ついに打率が2割を切ってしまった。

キャンプ、練習試合と好調をキープし、オープン戦の初戦では目の覚めるような一発。

『やっと覚醒した!』とファンを期待させた高橋だったが、ここにきて絶不調。

今日までのオープン戦の成績は31打数6安打1本塁打 打率.194

試合を見ていて『なんかフライアウトが多いなあ』と感じていたのでちょっと調べてみた。

スポンサーリンク

●アウト25の内訳・・・フライ13、ゴロ6、ライナー2、空振り三振4。

確かにフライが多かった。

もっと詳しく見てみると
・フライ13・・・左飛4、中飛3、二飛3、三飛1、遊飛1、捕飛1
・ゴロ6・・・一ゴロ4、ニゴロ1、投ゴロ1
・ライナー2・・・遊直1、投直1

フライはセンターから左方向がほとんどで、ゴロはほとんどが右方向。

●ヒット6の内訳・・・左安2、中安3、右本1

北谷で打ったライト越えのホームラン以外は引っ張ってのヒットなし。

アウトもヒットもセンターから左方向が多くて、たまに引っ張るとゴロアウトになってしまっている。

何本かいい当たりのアウトもあったし、私は専門家じゃないから正確なことは分からないが、引っ張れないからセンターから左へ合わせにいっているってことなのだろうか?

得点圏打率は.111(9打数1安打)
( ̄□ ̄;)

あんなに遅くまで、そして休日返上でバットを振っていたのに・・・。

最近はサードを守ることが増えてきたとはいえ、慣れないセカンド守備がバッティングに影響したのだろうか?

いずれにせよ、このままでは去年と同じだ。

自分自身のためにもチームのためにも、そして我々ファンのためにも覚醒しておくれ~。

逆転満塁ホームランを放った高橋周平(2016年3月31日ナゴヤドーム中日9-5広島)

(画像はNHK BS1の中継よりキャプチャさせていただきました)